スポンサーサイト

★★★Bauhaus.FBページ★★★      
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築家の頭の中

★★★Bauhaus.FBページ★★★      

こんにちは!
水洗です!

mizuarai.jpg


先日Tk様の第2回建築家打ち合わせが行われました。
170707_blog2.jpg





先生は山口より

株式会社コモドデザイン
松浦 伸一郎 先生


170701_blog3.jpg


松浦先生は1回目のリアリングからイメージを膨らませ
お客様の要望と、絶対こうした方が住み心地が良い!ポイントをプラスして
設計をするのだそうです。
そして自分を100分の1サイズにして、その家で生活をします。
平日の昼・夜。休日の昼・夜。
(4日くらいトレーニングすればできます!とおっしゃっていました。笑)

そうすると、2次元の世界では見えなかったことが見えてくるのだそうです。

例えば、外の視線や、仕事から疲れて帰ってきて着替えや、食事、バスタイムはどう動けば楽か。
リラックスするときの視線はどこにいくか、また、リラックスの邪魔になるものはないか。
来客の目線はどこに行くか。

などなど。


これを見てください。

170701_blog.jpg


これは外からの視線をシミュレーションした図です。

Tk様の土地は三方が家に囲まれており、
一方は月極駐車場になっています。

やはり気になるのは外からの目線。
くつろぎタイムも外からの視線を気にしながらでは
リラックスできません。

視線対策の壁だらけの家では圧迫感があってリラックスできませんね。
そこを、開放感をキープしつつ、視線を遮る。
やはりプロの仕事だなと感じます。


他にも1番暑い季節の直射日光を、どう遮るか。
寒い冬の暖かな日差しをどう奥まで入れるか。

本当にスゴイの言葉しかでてきませんでした。

居心地の良さは広さや豪華さでもたらされるものでは無い。
以前、建築家の先生から聞いた言葉です。

松浦先生のプランは本当に、それが納得できる住まいだなと思いました。


家を創ることに、こんなに感動があるということを知れて
住宅に関わるお仕事ができて本当に良かったと思いました^^


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。