スポンサーサイト

★★★Bauhaus.FBページ★★★      
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

構造を見る

★★★Bauhaus.FBページ★★★      

皆さんこんにちは。

武谷です。

先日、高平モデルハウスの構造見学会がありました。

構造見学会とは、文字通り、柱や壁の中がむき出しの状態で”構造”をご覧いただく見学会です。

IMG_6144.jpg

IMG_6146.jpg

実はこれ、とても貴重な見学会なんです。

家は完成してしまうと壁の中を見ることはとても難しく、断熱材がどんな風に施工されているのか、筋交がどの程度入っているのかなど、後からは確認することはとても困難です。

つまり、施工に自信があるからこそ出来る見学会というわけです。

先日熊本県内で構造見学会を”定期的に”行っている住宅会社を調べてみたのですが、”あくまでも私が調べた範囲内では”殆どありませんでした。

今年に入って1回行っているところが数社、あとは最後に開催したのが何年も前だったり、登録すれば近くのイベントをご案内しますといったところもありました。

私共はお施主様にご安心していただく為、ご納得してい住宅を購入していただく為に、お施主様のご厚意のもと、構造見学会を定期的に開催しております。

家族の安全と健康を守る重要な部分になりますので、数値に裏付けられた性能を、実際に目で見て、触れて、体感してください。

今後も定期的にイベントを開催して参りますので、ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください!(*^_^*)

では★

家づくりセミナーや見学会などイベント情報↓↓↓
http://www.kimura-bauhaus.jp/news/

スポンサーサイト

必要とされているモノ

★★★Bauhaus.FBページ★★★      こんにちは津川です★

今日は午前中にFj様の敷地調査に行ってきました。

最近つくづく感じますが。。。
仕事の時間はアッという間です

img55958931.jpg


人に与えられた時間はみんな平等
その中で、自分が優先すべきことは何か、毎日頭をフル回転させながらバタバタしています

BAUHAUS.が自信を持ってお客様にご提供できる商品”R+house”と出会うまでに
社長は約2年の月日を費やしました
”やっと出会えた商品”

『建築家が設計したデザイン性の高い高性能な住宅を
何とか手の届く価格でご提供できないか』
という想いでつくられました

なぜ建築家にお願いをするのか?

pct_members.jpg

単にカッコイイオシャレな家を創るためではありません

お客様の要望を全て叶えた家が満足度が高いかというと、
そうではないことを知っているからです。

もちろん建築家との打ち合わせ時間は、自分の思っていることや要望を全て伝えてもらって構いません(^^)
実際に4時間程打ち合わせをした方もいらっしゃいました

建築家はお客様の要望をそのまま図面に反映することはしません
それは、結果的にお客様のほしい家にはならないからです

「美しいものを作るのではなく、必要とされているものを作る」


デンマークの建築家兼デザイナーであるアルネ・ヤコブセン

photo2.jpg

R+houseの建築家も同じ考え

必要なモノをつくるのではなく
”必要とされているモノをつくる”

同じような言葉ですが、考え方の違いで提案されるプランは全く異なることを
知っている人は知っているはずです。。。

お祝い

★★★Bauhaus.FBページ★★★      
こんにちは(^^)/
木村雅です♬

昨日、住宅事業部全員で代表の厄入りのお祝いをさせて頂きました☆ 

一見怖そうですが…(笑)
男気溢れる社長です°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°
IMG_0434[1]

社長に日頃の感謝の気持ちを込めて何かプレゼントを…
ということで社員がいろいろと考えイタリア製のオシャレなベルトとスカーフをプレゼント✨

厄年の方への贈り物は、厄除けの意味を込めた
「長くて」、「うろこ模様のもの」で「七色のもの」がよいと言われ、
身に着けると厄を遠ざけるとのこと!
とても喜んでいただきました✌

お店は、社員のご両親が経営されている”彩斗”という懐石料理のお店!
お料理もおいしく、見た目もいろどり豊✨
IMG_0436[1]

私たちも良いひと時を過ごさせて頂きました。
IMG_0435[1]

IMG_0438[1]

ありがとうございました\(^o^)/

ようやく完成しました!

★★★Bauhaus.FBページ★★★      

こんにちは!福嶋です😊
先日は高平モデルの住宅“構造”見学会に
ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました!

“光が降り注ぐ、内に開く家”
打越モデルのプレオープンも無事に終わり
次は、グランドオープンに向けて準備をしています★

グランドオープンの広告を作成したところですが…
毎度毎度悩んでます(笑)
今回もあれは違う、これは違うとぶつぶつ一人で言っています…

少し修正しては印刷してみる
そしてまた修正しては印刷してみる…
実際に印刷してみないとわからないので
どんどん印刷していたら、社長に注意されました(笑)

紙質が違うと実際の色とは変わってきますし、
どうやったらわかりやすく見やすくなるんだろうと悩み
ようやく今日完成しました!
なので早く皆さん見ていただきたいです😄
ですが!!!
ポストに入っているときにしっかり見ていただきたいので
ぼんやりとお見せします!(笑)

sample打越グランドオープンと7月勉強会すぱいす全6

バウハウスのモデルハウス第1号@打越町
7月15日(土)よりオープン致します!!!!!
たくさんのご来場お待ちしております✨

土地探し

★★★Bauhaus.FBページ★★★      
こんにちは!

水洗です^^

mizuarai.jpg


本日はアドバイザー津川の担当のお客様の
土地探しのお手伝いをしています☆

170624_blog.jpg


不動産ネットワークで探したり、新聞や雑誌で探したり・・

こんなに、たくさんの情報があるのに、当てはまる条件の土地ってなかなか、ありません(´・ω・`)


ここで、土地探しでの注意点・・・・


土地を先に買わない


これだけは、ぜひ覚えておいてください。


自分たちだけで、資金計画、設計から施工まで完璧にできます!という方は、例外ですが
一般的に、家づくりに関しては何から何まで初めての方が多いはずです。


だから

土地を先に買わない。

大事なことなので、2回言いました!


なぜなら
お客様が理想としている家を建てられないかもしれないからです。


良い土地さえあれば、良い家が建つ
と思われている方も、多いです。

はっきりと申し上げます。

それは間違いです。


理由は
・土地に予算をかけすぎて建物に予算が取れなくなった
・土地を買ったは良いが大規模な土地改良が必要だった
・その土地の容積率や建蔽率の制限で希望通りの建物ボリュームが取れない etc


1番、怖いのが
建物にかけられる予算が無くなることです。

言い方は、悪いですが
不動産会社は、その土地が“売れれば”良いのです。
お客様の建物予算が無くなろうが、どんな家が建とうが、気にしません。

「もう二度と、こんな良い土地見つかりませんよ!」

「二度と・・・・今がチャンスかも・・・高いけど、場所が良いから買っちゃえ!!」

家を建てたいのに予算が足りない|д゚)?!


こんなことに、ならないように十分に気を付けてください。

総予算-建物予算=土地予算

です。

170624_blog (2)


そして、もうひとつ。

土地を探すことは、片手間ではなかなかできません。
プライベートの時間でしようと思っても、かなりの労力がいります。
おそらく、なかなか進みません。

自分が楽をするためにも、ぜひ家を建てる住宅会社「家づくりのパートナー」に
一緒に土地を探してもらってください。

「土地が無いと建てられませんよ、土地を買ってから来てください。」

なんて言う会社は信用できませんので、やめてください。


長々と書きましたが
土地と建物のこと含めて相談にのってくれる会社
土地と建物のこと含めて資金相談をしてくれる会社


と家づくりをしてください^^






住宅履歴情報って?

★★★Bauhaus.FBページ★★★      27da973be2649dad185c106f2a804097_s.jpg


こんにちは、武谷です。

近年、2020年の省エネ基準に向けて、住宅の省エネ化が進んでいます。

とは言っても現在はその過渡期で、まだまだ住宅性能は住宅会社によってばらつきがありますが…。

こうした動きもあって、日本の住宅は「次々と建て替えてる」のではなく

「いいものをつくって、きちんと手入れして、長く大切に使う」

ことが求められるようになってきます。

そうなってくると今後住宅会社は、いつ、だれが、どのように新築や修繕、改修等を行ったかを

記録した"住宅履歴情報"をしっかり残していくことが重要になってきます。

例えるなら、病院のカルテやお薬手帳のようなものです。

こういった情報がしっかり管理されていないと、いざリフォームや家の売却が必要になった際に、

メーカーや住宅会社への余計な確認作業に時間や手間を取られたり、

最悪な場合、当時の担当がいないので分からないなどといったことにもなりかねません。

BAUHAUS.では、「BUILD MASTER」という建築情報管理システムを使って

お客様の住宅履歴をWeb上でも管理しています。

これはお客様の家の資産価値を守ることにもなります。

住宅履歴情報が”カルテ”なら、住宅会社は”主治医”といったところでしょうか。

住宅会社を回られる際は、そんなところも注意して回られてみてはいかがでしょう?

家づくりには他にも重要なことがたくさんあります。

是非、見極めるものさしを持たれた上で住宅会社を回られることをお勧めします。



家づくりセミナーや見学会などイベント情報↓↓↓
http://www.kimura-bauhaus.jp/news/


やっぱりプロ

★★★Bauhaus.FBページ★★★      
こんにちは津川です★
いよいよNk様の建築家1回目打ち合わせが明日になりました♪

今回担当してくださる戸田先生にメールしたところ
返信内容がやっぱりプロだなと感じました

『敷地が特徴的なのでプランするのがとても楽しみです(^^)』


特徴的な敷地だとワクワクするようです

みなさん”建築家”は、どういう人たちだと思いますか?
設計をする人

確かにそうです

でもその一言では言い表せないほどの実力者なのです

熊本出身の有名な書道家
武田双雲

o061408641409752957970.jpg


誰もが知っているかと思いますが、彼は文字を書くことを仕事にしています


では茶道家は何をする人でしょうか?
そうお茶のプロです。

d470158a39e15c2f1f35860708bd6b6c.jpg


武田さんが書道しながら、茶道もするなんてことはしません
それは1本をとことん極めているからです

建築家もそれと同じで、設計することだけを仕事にしています
24時間365日設計のことを考えている人たちです。

要するに〇〇家という人たちは専門家です。

それだけを極めた専門家が、私たちが書いた間取りに負けるわけがありません

そんなことも知らない営業マンが、寝ずにプランを書いてきました!!なんて
お客様に言っていることは、いかがなものでしょうか


賢い人であれば、ワンクリックで間取りがでてくる素晴らしシステムがあることは知っています

建築家と建てる家には、その家の間取りができていく過程(ストーリー)が必ず存在します
そして”一点モノの家”ですので、想いの詰まったその家のテーマ名があります

それこそが建築家と建てる家の醍醐味

耐久性の高い家を次の世代まで大事にしていただきたい
約90年の年月が経っても、時代に流されないデザイン

2d8ce1e7.jpg


5394f2fa.jpg


”シンプルであることは究極の洗練だ”

BAUHAUS.の家づくりの考え方も同じです!!

基礎断熱材

★★★Bauhaus.FBページ★★★      

こんにちはスマイリー郡山です(^^♪

本日は打越モデルの工事風景を追いかけます!!
まずは基礎工事としまして地面を掘り砕石を敷きまして水が上がってこないように防水シートを張ります。

その後

鉄筋を立ち上げます。

配筋(鉄の棒を溶接してあるもの)

そしてこの配筋の量で基礎の強さが決まります。

ですので強さには根拠が必要になります。


20170626174629_00001.jpg

その根拠となるものが構造計算とよばれる。

家の計算書になります。

但し、木造の平屋と2階建てはこの計算書を役所に提出する義務がありません。

ですので、約9割の工務店は簡易的な計算のみになっているようです。

中には簡易的な計算書で構造計算書とよんだりしているのが実状になります。

家づくりにおいて基礎のつよさも重要な点になります。(詳しくは別の機会に)

配筋の部分をコンクリートで固めます!
20170626174638_00001.jpg

コンクリートと木材の間は気密パッキンとよばれるものを敷くことにより気密性をとります。
20170626174645_00001.jpg

基礎とコンクリートは室温や地熱の蓄熱層として使えるので

省エネルギー効果があります。

夏は外気より低い温度の地熱により、床はヒンヤリ感があり、冬は蓄熱のため暖かくなります。

床下空間は室内環境に近いため、寒い時期の床面の冷たさが和らぐ効果があります。

床下が密閉されるので虫などの侵入を大きく軽減できます。

基礎断熱は床断熱に比べて多くのメリットのある工法になります。

家づくりにおいて後悔される方が減ることをモットーに私達は活動しています。

赤と青の椅子

★★★Bauhaus.FBページ★★★      

こんにちは、福嶋です!

バウハウスにはいくつかの有名な家具のフィギュアを
飾っているのですが…
そのうちのひとつ



6537ee0b.jpg

Red and Blue Chair(赤と青の椅子)



この椅子は1918年にデザインされた
ヘーリット・トーマス・リートフェルトの代表作品です。


thD9Z2BV9N.jpg


オランダの建築家兼デザイナーで、デ・ステイルの中心人物であった
ピエト・モンドリアンの絵画からインスパイアされ、この赤と青の椅子をつくりあげたそうです。
デザインからすでに90年以上たった今でも伝説的な作品として広く認知されています。

直線的でシンプルな構造をですが、パーツが交差することで生まれる
空間の美しさや幾何学的なフォルム
大胆な色使いと現代の家具に応用できる部分も多くあるデザインです。

そのリートフェルトによって設計されたシュレーダー邸はこちら!
Rietveld-SchroderhuisUtrechttheNetherlands.jpg

デ・ステイル建築を代表する作品で、世界遺産に登録されています😊
これは1917年に発表された「赤と青のいす」の造形原理を発展させたものだそうです!
1924年に設計されたのですが、90年以上経った今でもオシャレだな~と感じますよね😲


バウハウスショールームにはこうした小さなフィギュアにも
こだわって飾っています♪
バウハウスにお越しの際は、ぜひ注目して見られてください!

20170619_150932.jpg

20170619_150924.jpg

打越モデルもこだわった家具を置いていますので
モデルにいらっしゃった際は、注目してみてくださいね★

打越モデル“光が降り注ぐ、内に開く家
7月15日(土)からグランドオープンします!
皆様のお越しをお待ちしております。










★★★Bauhaus.FBページ★★★      

水洗です!

mizuarai.jpg



昨日から
北区打越モデルハウスにて
プレオープンイベントを行いました!

20170618154628880.jpg

建築家は
FANFARE @福岡
田淵 一成 先生



家具もFANFARE監修です!


イメージ↓
170617_blog2.jpg


170616_blog3.jpg

170616_blog4.jpg


モデルハウスの写真を、お見せしたいところですが・・・

来てからのお楽しみ!ということで( *´艸`)


家具やインテリアで、お家のイメージもだいぶん変わります。
今回、私もインテリア関係で、デザイナーの方のお手伝いをさせていただいたんですが・・・

やはり日頃から感性を磨くって大切だなと思いました・・


いい感じ!に仕上がっているモデルハウス

グランドオープン
7月15日(土)16日(日)です!


グランドオープン前でも予約制にて、ご案内いたします!
お気軽に、お問い合わせください^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。