FC2ブログ

スポンサーサイト

★★★Bauhaus.FBページ★★★      
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必見!家づくり重要プロセス

★★★Bauhaus.FBページ★★★      家づくりで重要となるプロセスの一部をご紹介します。あくまで一部です。

資金計画での最初の一歩は、
銀行から借りられる額と
無理なく返済できる額は違う
ということです。
この違いをお客様に把握していただきます。銀行から満額で借りられる額を基準に家づくりを行うと
後々支払が厳しくなることがあります。毎月支払う住宅ローン以外にも光熱費・税金関係が必ず
かかってきますので、必ずかかってくる諸費用も考慮して資金シミュレーションを行わなければなりません。
 まれにイニシャルコスト(家が完成するまでの費用)だけにとらわれて、その後何十年も支払っていく生活に必要となる諸費用を考慮していないお客様がいらっしゃいます。

その際は固定資産税・都市計画税の算出を行い
また光熱費を一般住宅と高性能(省エネ)住宅との費用比較等・・・を行って先々のことも考慮して初期費用をどの程度にするのかをアドバイスします。

固定資産税額、登録免許税、不動産取得税等、住宅ローン控除額、さまざまなシミュレーションを
何度も繰り返し、お客様と当社で資金についての認識を共有し、今後のすすむべき方向性を導きだしていきます。


住宅ローンシュミレーション
20141222164453-0001.jpg
20141222164444-0001.jpg

次に資金計画表の作成です。

資金計画表の作成
資金シミュレーションの段階で、毎月無理なく返済できる額から建築本体工事費や総工事費及び土地に
かけられる予算が算出されていますので、資金計画表に反映していきます。

それから、どうしても土地が決定しないとわからない項目及び建築家と打合せを行う過程で発生するで
あろうオプション関係(お客様希望)を考慮して、だいたいの相場価格より若干多めの費用を資金計画表へ
反映していきます。(最終的に予算オーバーとならないために、初めから予算には余裕をもたせておく)
ほか、資金計画表の各項目をお客様へ説明し、ご納得・ご理解いただいてから総額予算を算出し、資金シミュレーションとのバランスを考えていきます。


シュミレーション

お客様と当社の認識が共有できた段階で家づくりスケジュール表へ移ります

家づくりスケジュール表は消費税増税前ということもあり、非常に重要となります。
土地探しから行う方は、なかなかスケジュール通りにはいかないことが多いですが、
できるだけ当社もバックアップして予定通りにすすむように土地情報等を共有し、アドバイスを
行っていきます。

スケジュールは各項目ごとに説明を行っていきます。(いつまでに何を行わなければいけないか等)

家づくりスケジュール表

あくまでプロセスの一部となりますが、このプロセスが
今後の家づくりを円滑に
すすめていけるかどうかを左右します。


みなさんもこのプロセスを住宅会社と共有して家づくりを行うことをおすすめします。

それでは、今後も業務の一部をご紹介していきます。


アトリエ建築家と創る高性能デザイナーズ住宅を手の届く価格で!(R+house)
スポンサーサイト

M様邸 地鎮祭

★★★Bauhaus.FBページ★★★      こんにちは。
水洗です!


梅雨明けしてから晴天続きですね。

さて7月20(土)宇土新開町で地鎮祭がありました。

海が近く、上天草まで車で約1時間ほどでいけるようです。
自然の多いとっても素敵な町でした。



暑い日が続いていますのでみなさん熱中症には十分お気を付けください。
宇土 地鎮祭

場所:宇土市新開町
設計・施行:㈱木村建設

黒髪Y邸 地鎮祭

★★★Bauhaus.FBページ★★★      こんにちは、水洗です。
7月13日土曜日に地鎮祭が行われました。
地鎮祭2
場所:熊本市中央区黒髪
設計事務所:珠田敦夫建築設計事務所
施工会社:株式会社木村建設

今回、初めて地鎮祭に参加させていただきました。
お天気にも恵まれ、無事に執り行うことが出来ました。
お客様もとても喜んでおられて私もこの記念すべき日に参加できたことを嬉しく思いました。
これからも微力ではございますがお客様の幸せのお手伝いをしていけるよう誠心誠意、努力していきたいと思っております。

建築家プラン提案

★★★Bauhaus.FBページ★★★      模型正面convert 模型後convert

こんちには、木村です。
今回はアトリエ建築家が行うプラン提案をご紹介します。この写真は画図・I様邸の新築模型です。
建築家との打ち合わせは3回行いますが、2回目の打ち合わせでプラン図一式と建築模型が登場します。
建築家:三原先生(R+house登録建築家)

【建築家との打ち合わせ】
1回目:お客様・建築家・施工会社でお客様のご要望を事細かにヒアリングします。
    ヒアリングといっても、リビングは何畳ほしいですか?
    寝室は何畳ほしいですか?といった、間取りの希望をきくことではなく!
    
   主に、ライフスタイルを中心にヒアリングを行います。    
    ご主人の帰宅時間は?、奥さんの家での楽しみは?、お子さんのお世話は?
    ご夫婦の休日の過ごし方は? 洗濯物は週何回洗濯するか? 
    今後家族が増える予定は?等、このようなヒアリングを2時間程度行い、
    もちろんヒアリングの中で、ご主人や奥様のご希望もヒアリングします。
    その中で優先順位の高いものを建築家が判断し、再度ご主人や奥様へヒアリングをかさねます。
    お客様と建築家・施工会社でヒアリング内容を精査していきます。
    そして、優先順位の高い要望やお客様自身でも気づいてない重要な要望をある一定のレベル
    まで顕在化していきます。
    最後にお客様と確認作業を行い、1回目ヒアリングは終了となります。
    非常に濃密な打合せとなります。今回は終了まで3時間程度かかりました。

2回目:プラン提案
    午後7時~プラン提案が始まり、終了したのは午後9時40分ごろ。
    お客様も非常にご満足していただき、安心しました。
    プレゼン内容の一部をご紹介します。
    
    【建築家プレゼン内容は全てに理由がある】
    今回I様で建築される土地は、風致地区という地域になり、一般の用途地域よりも建築規制
    の厳しい地域になっているため、制限が多く、建築家の提案を私も楽しみにしていたのですが、
    みごとな建物外観、建物配置になっていました。

     建築家プレゼンはお客様の深層心理を読み取り、具体化すること。
     お客様の予算も把握し、図面化すること。
     デザイン性だけではなく、機能性も高いこと。
     可変性のある間取りであること(将来設計も考慮)
     四季折々の日当たりを考慮すると、このような外観となる。
     デザインにも耐久性があるため、いつの時代にも適合するデザインであること。
     等々・・・・・
     簡単にお伝えするとこのようなことです。

     建築家とは家づくりのプロです。
     プロとしてのすごさはお客様には決してイメージできない、提案を行うこと。
     

     これが本当のアトリエ建築家であると思います。
     
     
     今後、第3回目のプレゼン内容も紹介します。
    
     
    
    
    
    

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。