スポンサーサイト

★★★Bauhaus.FBページ★★★      
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建築家の頭の中

★★★Bauhaus.FBページ★★★      

こんにちは!
水洗です!

mizuarai.jpg


先日Tk様の第2回建築家打ち合わせが行われました。
170707_blog2.jpg





先生は山口より

株式会社コモドデザイン
松浦 伸一郎 先生


170701_blog3.jpg


松浦先生は1回目のリアリングからイメージを膨らませ
お客様の要望と、絶対こうした方が住み心地が良い!ポイントをプラスして
設計をするのだそうです。
そして自分を100分の1サイズにして、その家で生活をします。
平日の昼・夜。休日の昼・夜。
(4日くらいトレーニングすればできます!とおっしゃっていました。笑)

そうすると、2次元の世界では見えなかったことが見えてくるのだそうです。

例えば、外の視線や、仕事から疲れて帰ってきて着替えや、食事、バスタイムはどう動けば楽か。
リラックスするときの視線はどこにいくか、また、リラックスの邪魔になるものはないか。
来客の目線はどこに行くか。

などなど。


これを見てください。

170701_blog.jpg


これは外からの視線をシミュレーションした図です。

Tk様の土地は三方が家に囲まれており、
一方は月極駐車場になっています。

やはり気になるのは外からの目線。
くつろぎタイムも外からの視線を気にしながらでは
リラックスできません。

視線対策の壁だらけの家では圧迫感があってリラックスできませんね。
そこを、開放感をキープしつつ、視線を遮る。
やはりプロの仕事だなと感じます。


他にも1番暑い季節の直射日光を、どう遮るか。
寒い冬の暖かな日差しをどう奥まで入れるか。

本当にスゴイの言葉しかでてきませんでした。

居心地の良さは広さや豪華さでもたらされるものでは無い。
以前、建築家の先生から聞いた言葉です。

松浦先生のプランは本当に、それが納得できる住まいだなと思いました。


家を創ることに、こんなに感動があるということを知れて
住宅に関わるお仕事ができて本当に良かったと思いました^^


スポンサーサイト

土地探し

★★★Bauhaus.FBページ★★★      
こんにちは!

水洗です^^

mizuarai.jpg


本日はアドバイザー津川の担当のお客様の
土地探しのお手伝いをしています☆

170624_blog.jpg


不動産ネットワークで探したり、新聞や雑誌で探したり・・

こんなに、たくさんの情報があるのに、当てはまる条件の土地ってなかなか、ありません(´・ω・`)


ここで、土地探しでの注意点・・・・


土地を先に買わない


これだけは、ぜひ覚えておいてください。


自分たちだけで、資金計画、設計から施工まで完璧にできます!という方は、例外ですが
一般的に、家づくりに関しては何から何まで初めての方が多いはずです。


だから

土地を先に買わない。

大事なことなので、2回言いました!


なぜなら
お客様が理想としている家を建てられないかもしれないからです。


良い土地さえあれば、良い家が建つ
と思われている方も、多いです。

はっきりと申し上げます。

それは間違いです。


理由は
・土地に予算をかけすぎて建物に予算が取れなくなった
・土地を買ったは良いが大規模な土地改良が必要だった
・その土地の容積率や建蔽率の制限で希望通りの建物ボリュームが取れない etc


1番、怖いのが
建物にかけられる予算が無くなることです。

言い方は、悪いですが
不動産会社は、その土地が“売れれば”良いのです。
お客様の建物予算が無くなろうが、どんな家が建とうが、気にしません。

「もう二度と、こんな良い土地見つかりませんよ!」

「二度と・・・・今がチャンスかも・・・高いけど、場所が良いから買っちゃえ!!」

家を建てたいのに予算が足りない|д゚)?!


こんなことに、ならないように十分に気を付けてください。

総予算-建物予算=土地予算

です。

170624_blog (2)


そして、もうひとつ。

土地を探すことは、片手間ではなかなかできません。
プライベートの時間でしようと思っても、かなりの労力がいります。
おそらく、なかなか進みません。

自分が楽をするためにも、ぜひ家を建てる住宅会社「家づくりのパートナー」に
一緒に土地を探してもらってください。

「土地が無いと建てられませんよ、土地を買ってから来てください。」

なんて言う会社は信用できませんので、やめてください。


長々と書きましたが
土地と建物のこと含めて相談にのってくれる会社
土地と建物のこと含めて資金相談をしてくれる会社


と家づくりをしてください^^






プライバシー

★★★Bauhaus.FBページ★★★      こんにちは。
水洗です。

mizuarai.jpg


プライバシーという言葉をよく聞きます。

プライバシーってなんでしょう?

goo辞書では
個人や家庭内の私事・私生活。個人の秘密。また、それが他人から干渉・侵害を受けない権利

となっています。


さて、ここで。
皆さん、ご自宅の洗濯物を思い出してください。


外から丸見えになっていませんか?


どんな洗濯物が干してあるかで
その家庭の内情が分かってしまいます。


空き巣が、洗濯物を見てターゲットを絞ったり、

住宅にセールスに来る営業マンも洗濯物を見てターゲット層かどうかを判断するようです。


洗濯物の目隠しアイテムはこんなものや
170910.jpg
170910_Blog4.jpg

こんなものもありますが
170910_blog5.jpg

デザイン性に欠けますし、コストがかかったりします。


やはり、1番は
洗濯物が見えにくい設計をしてもらうことだと思います。


バウハウス.オーナー様宅の一例ですが

170910_blog3.jpg

外の洗濯物干しスペースです。
どうですか?

道路から、のぞき込まない限り洗濯物がほとんど見えません

170910_blog6.jpg


表(大通り沿い)のお庭は、こんな感じです。

170910_blog7.jpg


「庭」でも「プライベートガーデン(見せない庭)」と「パブリックガーデン(見せる庭)」に分けられてます。

しかし、2つの庭に分けるだけではいけません。
どちらかの庭を使わないのであれば、ただのスペースの無駄です。

その庭で、何をしたいのか?
どんな暮らし方をするのか?

お客様の暮らし方を理解したうえで、設計をすると
暮らしの快適性は断然、良いものになるはずです。


家を建てるなら間取りやデザインだけでなく、
生活もデザインしてくれるプロと家づくりをされてください。


土地の購入

★★★Bauhaus.FBページ★★★      

こんにちはスマイリー郡山です(^^)/


土地の購入に関して!

土地を購入する事を土地の売買契約といいます。
その時に交わす資料の写真になります。

土地売買資料

契約内容について!

売り主と買い主が同席し、売買契約書の中身(宅地建物取扱士による土地の情報)を読み上げて契約内容の

最終確認をします。その上で、契約書に署名・押印し、手付金等の授受を行います。

手付金等は、現金や指定口座への振り込みのほか、預金小切手で受け取る場合もあります。

また、不動産会社などが仲介に入っている場合は、契約時に仲介手数料を支払うことになりますので

事前の準備は重要です。契約手続きに漏れがあると、売買契約が締結できないことで

買い主をはじめとして関係者に迷惑をかけてしまいますので、しっかりと準備をした上で契約に臨まないといけません。

また土地の契約を行う際に住宅ローンの特約で住宅ローンが通過しなかった場合は手付金の返金が

行われて白紙に戻せるように、買主の方が大幅に損をしないような、契約の結び方もありますので

土地の売買の際は住宅会社のかたと打ち合わせを行い契約を結ぶことが後悔が少ない事に

つながるといわれておりますのでぜひ、ご検討の土地がございましたらご相談下さい。

家づくりにおいて皆様の後悔が少ないようにお手伝いが出来ればと思います。

生活感

★★★Bauhaus.FBページ★★★      こんにちは。

水洗です。

mizuarai.jpg



お客様(特に奥様)から、よく聞くことがあります。
それは、

「生活感をだしたくない」


はい。非常に、よく分かります・・(´・ω・`)

生活感を隠すためのポイントは、「モノが表に出ていない」とか「整理整頓」なのでしょうが・・
毎日毎日、片付けをする余裕・・・なかなか無いですよね。

でも・・新築にお友達を招待したとき
「綺麗!!お洒落!」と言われた方が、やっぱり気持ちが良いです。


家を綺麗に保つのは主婦の務め。と頑張っている奥様にとって
「片付け」は永遠のテーマ。


家族の洗濯物・こどものおもちゃ・フードのストックなどなどなど・・・・

家族が多い分、モノも、悩みも増えます。


ここで、建築家の提案のひとつをご紹介します。


まず、ひとつ。
170527_blog-01.jpg

玄関から、室内に入るまでの動線を「家族用」と「来客用」で分ける。

こうすることにより

・靴箱(シューズクローク)が来客から見えないのでスッキリした玄関で迎えられる
・沢山買い物をして帰ってきても最短の動線でスムーズにキッチンへ行ける。
・買い物後とりあえずモノが溢れていてもキッチンが目隠しになって来客からは見えない


などなど「生活感をださない」為に大活躍です。


もう、ひとつ。

170527_blog-02.jpg

洗濯物(家事スペース)を2階、階段上がってすぐに設ける。

こうすることにより
・家族が自室に入るときに「ついで」に家事スペースから自分の服等を持って行ける
・洗濯物を一か所にまとめることで奥様が楽!!
・室内干し用バーも設置し、洗濯を干す→取り込む→収納までの動線が最短で楽!!


基本的に来客対応は1階。
生活感のでる「洗濯物」を2階に持っていくことで生活感を隠せます。
+家族が手伝いやすい動線で、いつでも綺麗!




いかがでしょう??!


楽に片付く!!
最高です!


こんな住まいなら奥様もニコニコ
家族もニコニコで暮らせること間違いなしです( *´艸`)

建築家と作る家づくりは
住んでみたい!と思えるテクニックがいっぱいです♪


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。