FC2ブログ

スポンサーサイト

★★★Bauhaus.FBページ★★★      
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基礎断熱材

★★★Bauhaus.FBページ★★★      

こんにちはスマイリー郡山です(^^♪

本日は打越モデルの工事風景を追いかけます!!
まずは基礎工事としまして地面を掘り砕石を敷きまして水が上がってこないように防水シートを張ります。

その後

鉄筋を立ち上げます。

配筋(鉄の棒を溶接してあるもの)

そしてこの配筋の量で基礎の強さが決まります。

ですので強さには根拠が必要になります。


20170626174629_00001.jpg

その根拠となるものが構造計算とよばれる。

家の計算書になります。

但し、木造の平屋と2階建てはこの計算書を役所に提出する義務がありません。

ですので、約9割の工務店は簡易的な計算のみになっているようです。

中には簡易的な計算書で構造計算書とよんだりしているのが実状になります。

家づくりにおいて基礎のつよさも重要な点になります。(詳しくは別の機会に)

配筋の部分をコンクリートで固めます!
20170626174638_00001.jpg

コンクリートと木材の間は気密パッキンとよばれるものを敷くことにより気密性をとります。
20170626174645_00001.jpg

基礎とコンクリートは室温や地熱の蓄熱層として使えるので

省エネルギー効果があります。

夏は外気より低い温度の地熱により、床はヒンヤリ感があり、冬は蓄熱のため暖かくなります。

床下空間は室内環境に近いため、寒い時期の床面の冷たさが和らぐ効果があります。

床下が密閉されるので虫などの侵入を大きく軽減できます。

基礎断熱は床断熱に比べて多くのメリットのある工法になります。

家づくりにおいて後悔される方が減ることをモットーに私達は活動しています。
スポンサーサイト

バウハウス.モデル建て方

★★★Bauhaus.FBページ★★★      

170310_1.jpg

こんにちは!

広報の水洗です。

昨日、バウハウスの記念すべきモデル1号棟の

「建て方」でした。


「建て方」とは別名「棟上げ」といって

屋根の一番高いところ「棟木(むねぎ)」を取り付けることを言います。

170311_1_.jpg


この状態から

170308_1.jpg


IMG_2662.jpg


170310_2.jpg

この状態まで、1日で一気に進みます。

完成が楽しみです(*´ω`*)


その前に

4月8日(土)9日(日)構造見学会を行います。

構造見学会とは完成してからでは、見られない「構造」
人でいう、骨や筋肉の部分を見る見学会になっています。

何が分かるか?

性能(断熱性や気密性)・耐震性能はどうすれば性能を高くすることができるのか?
家を長持ちさせる秘訣。などが分かります。

「この家は強いですよ~」「この家は長持ちですよ~」

口で言うだけなら簡単です。
その裏付けは、なんなのか??

お客さま、ご自身の目でシッカリと学び、見極める力を付けるのに
ピッタリの見学会になってます。

ご予約は096-346-0230まで、お願い致します。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。